初めて覚えたエロイプ

レンが彩と付き合って教えてくれたのは、エロイプのことが最初だったね。こうやってこうしてこうやれば気持ちいいよって。レンの言うとおりにしたら、本当に気持ちよくて、はじめてイクって知ったんだよ。あんなに気持ちいいことがあったんだね。知らなくて損してたんだ、私。
レンは私にいっぱい初めてを教えてくれたんだ。レンのこと、ほんとに好きだったんだよ。信じてくれてなかったみたいだけどね。
ひとりになってからも、教えてもらったたくさんのことを思い出して、レンのことを思い出しているんだよ。
あのとき、あぁ言ってたな、あのあとこうなったなって。それが楽しくてね。

コメントは受け付けていません。